街金の総量規制

総量規制という言葉も今では浸透してきましたが、最初にこの言葉が出てきたころは訳が分かりませんでしたよね。イマイチよく内容が分からない状態でした。

とりあえず、、もう一度総量規制についておさらいしたいと思います。

総量規制というのは個人の借り入れ総額が原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。ただ、一部除外となる例外も存在するので、すべてに適応されるわけではないということを認識しておいてください。

貸付契約はいくつかあるのですが、総量規制の対象となるのは個人向けの貸し付けの身になります、法人に向けた貸し付けなどに関しては総量規制の対象外となっています。

この総量規制の対象となっている個人向け貸し付けというのは、個人がお金を借りる行為のことを言います。俗に言うキャッシングやカードローンと呼ばれるものですね。

でも、総量規制といっても借りる人がどれくらい今借りているのかが分かるのか?ということになってくるかと思いますが、金融業者はキャッシング・カードローンの申し込みがあった場合に、指定信用情報機関が保有する個人情報を利用して、他の貸し付け業者からの借入残高を調査するようになります。借り入れをすれば、この信用情報機関に登録されていっているのです。

ですので、金融業者は借り入れの申し込みをしてきた人が、他社からいくら借りているのか?というのが分かるというわけです。

しかも貸金業者は利用者がリボルビング契約を締結した場合、1か月の貸し付けの合計額が5万円を超えて、かつ貸付残高が10万円を超える場合には、毎月指定信用情報機関から情報を得て残高を調べるということをしなければいけないのです。結構手間暇がかかりますよね。

また、貸金業者が自社の貸付残高が50万円を超える貸し付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出をしてもらわなければなりません。利用者から提出してもらうことが必要なのです。

また、他の貸金業者を含めた総額の貸付額が100万円を超える貸し付けを行う場合にも収入証明書は必要となります。

こういうのが総量規制となります。

総量規制は個人向けの貸し付けに対してになりますが、銀行が貸し出す個人向けの貸し付けに関しては適用されないのです。ですので、基本的には街金と呼ばれる消費者金融が総量規制によって打撃を受けたという形になるでしょう。

今まで、専業主婦の方にも貸し付けができていたのが消費者金融なのですが、今はいろいろと総量規制によって申し込みが大変なことによって、専業主婦への貸し付けは辞めてしまっています。一部の消費者金融では貸し付けをしているところもあるかもしれませんが、ほとんどの大手の消費者金融では貸し付けをやめていますね。

詳しくは→専業主婦と消費者金融の関係

こちらのサイトがくわしく書かれていますので見てみてください。

このように街金は総量規制によって経営がかなり苦しくなってきたでしょうね。

カテゴリー: 総量規制 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>